借り換えも慎重に!相談する事がベスト

負担を軽くするカードローンの借り換え

複数の金融機関から借り入れを行っている場合はそれぞれの金融機関ごとに利息が加算され、精神的にも負担が増えてしまいます。そのような際には借り換えを行うことで借金を一本化することにより、利息や負担を減らすことで返済が楽になる場合もあります。借り換えは現在利用している金融機関とは別の会社からキャッシングを行い、その借り入れ金でもともと返済中の借金を完済することで借金を一本化する仕組みです。
基本的にキャッシングは借り入れ額が高い方が利息が低くなるため、借り換えを行うことで今までよりもキャッシングの利息を低くなる可能性があります。ただしだからといって安心してしまい、返済に時間がかかってしまうと要注意です。いくら利息が低いとはいえ返済が長期化するとどんどんと利息が加算されていくことになり、場合によっては借り換え前よりも返済総額が増えてしまうこともあります。
借り換えを行う場合は一時しのぎのような感覚ではなく、借り入れ前と借り入れ後ではどちらの方がより返済額を少なくできるのか事前に計算をすることが肝心です。借り換え後の返済プランも明確にして、できるだけ早く借り入れ額を返済するようにしましょう。

借り換えのココにご注意

消費者金融やカードローンなどでお金を借りていらっしゃる方を対象に、カードローンの借り換えを推奨されているという広告や情報をよく目にします。確かに複数にまたがって金利も別で借りていらっしゃる方には、その金利を統一したり、返済日を統一出来たりすることに、一定のメリットは存在します。ですが、債務者の方の借りている状況如何によっては、そんなに得をしない、又は損をしてしまう状況もありますので、注意が必要です。
カードローンなどの小口借金を借り換えでまとめる際、借金の金利の低さだけで判断してしまうのには注意が必要です。金利には固定制と変動制というものがあり、固定を選択された場合、世界や国内の経済状況によって金利が下がった場合であったとしても、最初に設定した金利で払い続けなければいけなくなります。また、変動を選択された場合は、これまた金融世界の情勢によって、借り換え前よりも高くなってしまう可能性があります。
金利が下がったとしても、その分返済期間が長くなってしまうと、その伸びた分だけ金利が発生してしまうので、その点も注意が必要です。今述べたことは、借り換え前に必ず依頼する金融機関などに相談した方が良いでしょう。最適な提案をしてくれるはずです。

Copyright(C)2017 カードローンの借り換えのメリットと知っておきたいリスク All Rights Reserved.